介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

介護を学ぶメリット 一歩の先に得られるもの 生活すべてがスキルに!

人が「生活する」ことを支える介護の現場では、家事や育児、食べることや話すことなど、人間が生きるために必要なすべてのことが仕事に活かせます。 結婚や出産といった、一般的な仕事ではブランクとなりがちな経験も、介護職においては立派なスキルとなり得ます。 絵がうまい、楽器が演奏できる、腕力があるなど、どんなささやかな趣味や特技も、きっと誰かの歓びに役立てることができるでしょう。

経験に応じて広がる選択肢

介護の世界では、経験年数に応じて、より専門性の高い資格の受験資格が与えられるなど、実際に現場で経験を積んだ期間が、実績として高く評価されます。 例え転職や結婚などで休業期間が発生しても、仕事を再開すれば、継続して就業期間が加算されていくので、プライベートな人生の選択によってキャリアが無になることもありません。 どんな働き方を選んでも、長く続ければ続けるほど選択肢が増えるため、自分次第で一生を通じてステップアップが望めます。

就職・転職に有利!

介護業界はまだまだ人材不足。数多くの求人が存在します。 介護職の職場は、事業の規模や形態、事業主の理念などによって、職場の雰囲気や求められる能力などもさまざま。 自分に合った職場を求めて転職するとしても、就職先に困ることは少ないでしょう。 就職難が叫ばれる昨今、自主的に進路をリードできる、希少な業界といえるでしょう。

大切な人のもしもに活かせる

もしも家族や大切な人が、病気や怪我に見舞われたら?それは人間である限り、誰もが抱える可能性です。 そんなとき身近な人こそが、複雑な社会保障制度や、デリケートな心や身体の問題に、落ち着いて適切な対応をしなければいけません。 仕事で培う介護力や経験は、あなたの大切な人を守るためにも、活かすことができるのです。

人間性や心の成長

どんな仕事でも、得るものや成長度は、その人の心がけ次第でまったく違ったものになるでしょう。 しかし数ある仕事の中でも、とりわけ介護という仕事は、「生老病死」といった人間の根源的な本質に触れる機会を、数多く目の当たりにします。 介護の現場特有の悩みや感動と真正面から向き合うことで、自分の未熟さや、それぞれの人の性格やペースの違いを理解し、受け入れようとする心や人間性が磨かれるかもしれません。