介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

福祉用具貸与

福祉用品の販売店やレンタル店、貸与事業所などで、福祉用具の使い方や選び方のアドバイザーとして働く道もあります。

介護保険の指定福祉用具貸与事業所では、福祉用具のスペシャリストである「福祉用具専門相談員」の資格取得者を2名置くことが義務付けられています。

「福祉用具専門相談員」の資格を取得するためには、40時間の講習を受ける必要がありますが、無試験で非常に取得しやすい資格です。

介護福祉士や看護師、ホームヘルパー2級以上などの資格取得者は、自動的にその要件を満たしていると認められるため、改めて講習を受ける必要はありません。

福祉用具は、利用者や介護者の負担を軽減する、介護の一環の中でなくてはならない重要な部門。 介護職に興味はあるが、介護の現場で働くのはちょっと・・・という人は、このような後方部門で活躍してみては。