介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

病院・診療所

看護助手として病院で働くというケースもあります。

入院中の患者の食事や排泄、入浴の介助やシーツ交換などが主な業務ですが、 業務内容や福利厚生は病院の規模などによってもかなり違うでしょう。

病院は医療の現場。介護職は看護のサポートという黒子的立場となります。 そういった意味では、暮らしを支える介護がメインの他の職場とは目的や方向性が異なる職域でしょう。

介護職から看護職へ転身する人も多いので、医療に関心がある人は、まずは取得しやすいヘルパー資格を取って病院に勤めることで、 働きながら医療の現場を学べる絶好の職場といえるかもしれません。

専門学校で理学療法士や作業療法士の資格を取得し、「リハビリの先生」として勤務するという道もあります。