介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

小規模多機能型居宅介護

「通い」「訪問」「泊まり」の3つのサービスを組み合わせ、ひとつの事業所で、利用者のニーズに合わせた総合的な介護を提供します。

「小規模」という名のとおり、ひとつの事業所に登録可能な利用者は25人以下、1日の通所サービス利用者は15人以下との決まりがあります。

利用者が、馴れ親しんだ地域で自宅で暮らすことを支えるため、「通い」で受けるサービを中心に、必要に応じて訪問や宿泊を含む複合的なサービスを柔軟に提供します。 全てのサービスが、利用者の様子をよく知る顔馴染みの職員から受けられることや、ショートステイでは予約の取りにくい宿泊サービスが、こちらでは突然の依頼にも柔軟に対応してくれるなど、利用者や家族にとってメリットの多い制度でしょう。

しかし小規模多機能型居宅介護を利用する場合、他の介護サービスが受けられなくなるといったデメリットも。サービスを受けるに当たって、小規模多機能居宅介護専任のケアマネージャーが担当することになり、例えそれまでお世話になっていたケアマネージャーがいても、引き続き依頼をすることはできなくなります。 全ての介護サービスを、ひとつの事業所に依存する形となるため、関係が上手く築けなければ、メリットが生まれにくいでしょう。

幅広いサービスを提供するため、職員の仕事は多岐に渡ります。 さまざまなジャンルの仕事に臨機応変に対応できる器用さが必要ですが、やりがいの大きな職場でもあるでしょう。