介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

特別養護老人ホーム

身体や精神に著しい障害があり、常時介護が必要で、自宅では適切な介護を受けることが難しい高齢者が入所する施設です。 略して「特養」とも呼ばれます。

公的機関が運営しており、有料老人ホームに比べて低料金であることから入居希望者が多く、待機者が後を絶たないのが現状です。 入居に関しては、身寄りがない、介護度が高いなどの緊急性を優先し決定されます。

利用者はここで日々の生活を送り、そして生涯の最後を迎えます。

以前は4人1部屋の「大部屋」が当たり前でしたが、厚生労働省が2002年にユニットケアを推進する方針を打ち出し、 近年では全室個室、10人ほどのユニット(単位)ごとに担当職員がケアを行う、「新型特養」が増えています。

介護度の高い利用者が多く、高い身体介護力が要求される職場です。 業務内容も多く忙しい現場なので、テキパキと手順よく仕事をこなせる人向きでしょう。 多忙な中でも、柔らかい対応を心がけたいところです。