介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

福祉住環境コーディネーター

高齢者や障害者にとって、住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。

医療・福祉・建築についての幅広い知識を身につけ、ケアマネージャーや建築士などの各種専門職と連携をとりながら、クライアントにとって最も適切な住宅改修をコーディネートします。 また福祉用具や福祉施策などの情報提供も大切な仕事です。

建築・住宅・リフォーム・福祉用具メーカーのほか、介護施設や病院、デパートや行政機関など、勤務先はさまざまですが、就職後、企業が社員にこの資格を取得させるケースも多いようです。 そのほか福祉や介護の現場で働く人が、スキルアップとして取得することも少なくありません。

福祉住環境コーディネーターになるには?

福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所が主催している民間資格です。

1級〜3級までの検定試験があり、2級と3級に関しては受験資格はありません。申し込みさえすれば、誰でも受験することができます。 1級だけは、2級合格者しか受験することができません。

検定試験は年2回(7月と11月頃)、行われています。