介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

言語聴覚士

言語障害や難聴、失語症、言葉の発達の遅れなど、言語・聴覚の障害を持つ人に対して、専門家として検査、訓練、指導、援助を行います。また摂食やえん下(飲食物の飲み込み)の問題の専門家でもあります。ST(Speech-Language-Hearing Therapist )とも呼ばれます。

脳卒中後の後遺症や発達障害などにより、言葉によって思うように表現できない人の気持ちや機能を理解し、長い時間をかけて適切なリハビリテーションを提供できる、根気強さや想像力、人間性が必要とされる仕事です。

病院のリハビリテーション科などの医療機関や、聴覚・言語障害者更生施設などの福祉施設、保健所やリハビリテーションセンター、介護老人保健施設などが主な職場です。 言語聴覚士は1997年にできた新しい資格で、まだまだ職場が少ないのが現状ですが、言語によるコミュニケーションに障害を抱える人や家族にとってその意義は計り知れないほど大きく、やりがいのある仕事といえるでしょう。

言語聴覚士になるには?

言語聴覚士になるためには、年に1回実施される言語聴覚士国家試験に合格しなければいけません。 受験資格を得るためのルートは、以下のとおりです。