介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

児童指導員

児童福祉施設で生活する18歳までの子供たちを育成、指導します。子供たちと一緒に生活し、社会生活に必要な事柄を指導する、親代わりのような存在です。

洗面や更衣、食事や排泄といった生活習慣のしつけ、グループ活動を通しての社会ルールやマナーの指導のほか、育成計画を立てたり、 保護者や学校、児童相談所などとの連絡も大切な仕事です。 また知的障害児や肢体不自由児など障害を持った子供たちが入所する施設では、一般的な保育の知識以外に、専門性の高い知識が必要です。

児童養護施設、重度心身障害児施設、母子生活支援施設ほか、さまざまな障害児施設などが職場となります。 子供が好きで、長い目でじっくりと成長を支えていける、根気や包容力が必要な仕事といえるでしょう。

児童指導員になるには?

児童相談員は国家資格ではなく、特定の条件をクリアした人だけに任せられる「職務」を指す、任用資格といわれる資格です。

児童相談員になるには、特別な試験を受ける必要はなく、定められた科目を学校で修了し、卒業後、児童相談員の仕事に就いた場合に申請することで取得できます。

しかし公立の施設に勤務する場合は、地方公務員試験に合格し、採用される必要があります。