介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

介護福祉士

専門的な知識と技能により、身体上・精神上の障害から日常生活を送るのが難しい人の介護や、その本人や介護者に対して介護に関する指導を行います。

介護福祉士は、介護の専門職であることを示す国家資格です。多くの介護福祉士が、介護の現場を第一線で支え活躍しています。社会福祉士がソーシャルワーカーと呼ばれるのに対して、 介護福祉士はケアワーカーと呼ばれることもあります。

高齢者や障害者のための入所施設や通所施設、在宅型サービス事業所をはじめ、介護を必要とするすべての分野で求められる人材です。 介護のスペシャリストとして、今後も様々な現場でますます需要が高まるでしょう。

介護福祉士になるには?

介護福祉士になるには、現在、大きく分けて2つのルートがあります。

ひとつは、大学・短大・専門学校など、国が指定した介護福祉士養成施設を卒業する方法です。 しかしこれまで卒業と同時に介護福祉士資格が取得できた養成施設でしたが、 制度改正により平成27年度からは、卒業生も国家試験を受け、合格しなければ介護福祉士資格が得られないことになりました。

もうひとつは、国家試験に合格して資格を取得する方法です。 介護福祉士の国家試験は、3年間実務経験を積むか、福祉系の高校を卒業した人しか受験することができません。 このうち実務経験ルートも、平成27年度より、制度が改正されます。平成27年度以降は、3年間の実務経験後、さらに実務者研修を修了しなければ受験できなくなります。

介護制度は日々試行錯誤が続けられており、受験を考える人は、今後も制度改正をチェックする必要があるでしょう。 しかし、今後はより条件が厳しくなる方向であることは確実で、介護資格取得を検討している人は、早めの取得を目指した方が良さそうです。