介護の仕事と資格navi 介護の総合情報サイト

作業療法士

身体や精神に障害がある人や、発達障害の児童、機能が低下した高齢者などに、手工芸、ゲーム、レクリエーションといった作業や活動を用いて、諸機能の回復、維持、開発を援助します。 別名OT(Occupational Therapist)とも呼ばれます。

理学療法士が基本的な運動機能や動作の回復を目的としているのに対し、作業療法士は応用的な動作能力や社会的な適応能力の回復を図ることを目的とします。 心や体に障害を持った人に対して、ひとりひとりに適切なリハビリを指導できる、きめ細やかな気配りと観察力が必要な仕事です。

病院内のリハビリテーションセンターやリハビリの専門施設などの医療機関、養護学校などの教育機関、介護老人福祉施設といった福祉施設など、幅広いニーズがあります。

作業療法士になるには?

作業療法士になるためには、年に1回実施される作業療法士国家試験に合格しなければいけません。 受験資格を得るためのルートは、以下のとおりです。